父が自分用のパソコンを購入し毎日WEBページを閲覧している事

インターネットの普及により、WEB上で何かの申し込みができるなど、便利になりましたが、注意点もあります。

WEBの利便性とリスク

父が自分用のパソコンを購入し毎日WEBページを閲覧している事

WEB上で何かの申し込みができる、というのは一昔前のことを考えるととても便利だと思います。役所に何かを申し込むにしても、インターネットがなかった時代には専用の用紙を一旦役所に取りに行って、その場で書くなり自宅に持ち帰って書くなりして、自宅で書いた場合にはまた郵送で送るか役所まで届けに行かなければなりませんでした。ところが現在はWEB上で専用の用紙をダウンロードし、それを指定されたメールアドレスに送るだけで完了です。行ったり来たりの手間が省けました。

但し便利さを追求すると必ずなんらかの弊害が出てきます。WEBを使った利便性の代償は、セキュリティの危うさだと思います。たとえばWEBからダウンロードした申し込み用紙に入力した紙は、個人情報が満載です。その用紙を今度はWEBメールで送るわけですから、それを第三者に盗み取られたりしたら、個人情報はすべて漏洩してしまいます。WEBサイトへの会員登録も同じく漏洩する可能性がゼロではありません。WEB上で個人情報のやり取りをする際は、信頼できるサイトであることを充分に確認しなければなりません。

Copyright 2017 父が自分用のパソコンを購入し毎日WEBページを閲覧している事 All Rights Reserved.