父が自分用のパソコンを購入し毎日WEBページを閲覧している事

WEB上には様々な脅威が潜んでいます。その脅威からパソコンを守るのが最新のOSとセキュリティソフトです。

WEB上の脅威からパソコンを守るには

父が自分用のパソコンを購入し毎日WEBページを閲覧している事

パソコンをWEB上の脅威から守るためにはセキュリティ対策は不可欠です。セキュリティ対策は有料のソフトを購入するほうが、無料のものよりも安心だといえます。どうしても有料のものが買えない、という場合は無料のものでもないよりはマシです。しかし一時的に利用するには良いですが、ずっとそれだけ、というのはいかにもリスクが大きいです。無料のソフトでも優秀なものがたくさんあるといいますが、無料は所詮無料なので、何かあってもサポートも何もありません。有料のソフトはお金をもらっているのですから、最新のウィルスにも対応できるよう、本気で対策をしています。

但しセキュリティソフトさえ入れていれば、それだけで安心かといえば、そういうわけでもありません。パソコンのオペレーティングシステムには脆弱性があります。見つかった脆弱性を強化するためにアップデートをします。つまりサポートされなくなったOSを使うことは、脆弱性をそのままにすることになります。セキュリティソフトはOSを常に最新の状態にしていることが前提です。サポートが終了したOSを使い続けていると、いくらセキュリティソフトを入れていても、WEB上の脅威からパソコンを守ることはできません。

Copyright 2017 父が自分用のパソコンを購入し毎日WEBページを閲覧している事 All Rights Reserved.